あなただけのiPadが見つかる

iPhone 11は買わない。 やめた方がいい5つの理由

iPhone 11は2019年9月に発売された最新モデルになります。

iPhone XSと比べても価格や性能面で優れており、特にカメラにはないとモードと超広角レンズが追加されました。

今やiPhoneと一眼レフカメラで撮った写真は見分けがつかないレベルになりました。

iPhone 11はいい写真をiPhoneで撮りたい方には圧倒的に買いのモデルだと思います。

とはいえ、すぐにiPhone 11に買い替えたい方以外はiPhone 12を購入する方がお得かもしれません。

本記事ではiPhone 11を買わない理由とiPhone 12の良さについて解説していきます。

それでは本編をご覧ください。

本記事の内容

・iPhone 11を買わない理由
・iPhone 12が優れているところ

iPhone 11を買わない5つの理由

かなり魅力的なiPhone 11ですが、買わない理由は下記のとおりです。

買わない理由

・5Gに対応していないから
・iPhone SE 2が出るかもしれないから
・デザインが新しくなるから
・USB-Cに対応していないから
・カメラ以外はiPhone XSと変わらないから

順番に解説していきます。

5Gに対応していないから

iPhone 11は次世代通信規格である「5G」に対応していません。

iPhone 11に対応しているのは「4G」と言われる規格で、5G通信が始まってもiPhone 11で使うことはできません。

4Gと5Gには大きな違いがあり、5Gの優れているところは下記のとおりです。

5Gのここがすごい!
  • 通信速度が4Gと比べて100倍
  • 遅延が一切なく快適な動作
  • 多数端末接続で大規模対戦が可能

上記のとおり5Gは今までの通信とは比べ物にならないほど、使いやすいものです。

今iPhone 11を購入しても5G対応していないので、買い替えの手間が発生してしまいます。

iPhone SE 2が出るかもしれないから

iPhoneにはナンバリングモデルの他にSEモデルがあり、iPhone SEという機種があります。

このiPhone SEはデザイン性が高く、根強い人気があることから2019年1月21日にアメリカで新品を再販しました。

その結果、すぐに完売したほどで、発売から4年経った今でも、デザイン性の高さをうかがい知ることができます。

そしてこのiPhone SEですが、発売日を見ると春ごろに出しているようです。

これまでの歴代iPhoneの発売日は下記のとおりです。

発売日

・iPhone 6/6Plus・・・2014年9月19日
・iPhone 6s・・・2015年9月9日
・iPhone SE・・・2016年3月31日
・iPhone 7/7Plus・・・2016年9月25日
・iPhone 8/8Plus/X ・・・2017年9月22日
・iPhone XR/XS/XS Max・・・2018年9月21日
iPhone 11/11Pro/11Pro Max・・・2019年9月20日

上記から分かるとおり、これまでのiPhoneは9月に発表〜発売までされています。

しかし、iPhone SEのみは3月に発売されており、iPhone SE 2もこれに合わせて3月に発売する可能性が高いです。

iPhone SE 2の発売はすぐなので、急いで買い換える必要のない方はiPhone SE 2が発売する3月に判断してもいいのではないでしょうか。

デザインが新しくなるから

現行のiPhone 11で使われているデザインはiPhone 11も含め3世代続いています。

それがiPhone 12では刷新され別のデザインになると言われています。

それがこちらのツイート画像です。

上記のツイートはAppleのリーク情報に詳しいBen Geskin氏によるもので、iPhone 4に近いデザインになると予想されています。

現行モデルの丸みあるデザインから角ばったシャープなデザインになるため、好みは分かれそうですが、個人的には好みです。

USB-Cに対応していないから

USB-Cは近頃のデバイスでは確実についているもので、最新のiPad ProやiMacも対応しています。

Appleデバイスだけではなく、GoProカメラやAndroidスマホなども対応しており、通信速度や充電スピードは圧倒的な速さがあります

iPhone 11はUSB-Cに対応しておらず、Lightning端子になっているため、他のデバイスへの接続に変換ケーブルが必要です。

複数台のデバイス使いの方にとっては机の上がケーブルだらけになるので、悩みどころになります。

カメラ以外はiPhone XSと変わらないから

iPhone 11で言われるのはナイトモードや超広角カメラですが、それ以外はiPhone XSと比べて大きな違いはありません。

もちろんプロセッサは進化しているので、処理速度は上がっていますが、iPhone XSの時点で頭打ちだったためそれほどの変化は感じません。

ディスプレイにはどちらも有機ELが使われており、NetflixやYoutubeで映画を見るとしても最高画質で視聴することができます。

iPhone 11のカメラを使っていい感じの写真を撮りたい方やスペックには拘りたい方以外は無理に買い換える必要はないと思います。

iPhone 11を買わない理由のまとめ

iPhone 11を買わない理由をまとめると下記のとおりです。

買わない理由

・5Gに対応していないから
・iPhone SE 2が出るかもしれないから
・デザインが新しくなるから
・USB-Cに対応していないから
・カメラ以外はiPhone XSと変わらないから

iPhone 11は確かに魅力的ですが、iPhone 12と比べると無理にこのタイミングで買い換える必要はないと言えます。

とは言え、カメラ性能は一眼レフに負けないほどの仕上がりになっているので、iPhone 11で雰囲気のある写真を撮りたい方にはぜひおすすめしたいiPhoneです。

すぐに買い換えたい方やカメラに興味ある方はiPhone 11でもいいですし、過去最高のiPhone 12をゲットしたい方なら待ちという選択肢もあります。

ただ一つ言えるのは、iPhone 11は現時点で最高のモデルだということです

以上が「iPhone 11を買わない方がいい5つの理由」についてでした。

下記ではiPhone 12が気になった方に、iPhone 12の最新情報や噂をまとめた記事を紹介しています。

iPhone 12の最新情報や噂まとめはこちら

【2020年最新】iPhone 12 / 12 Proの情報まとめ!スペック・発売日・価格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です