あなただけのiPadが見つかる

iPad ProにはSmart Keyboard Folioが必要か?使って分かったこと

iPad Proには専用のアクセサリーがありまして、Smart Keyboard Folioは人気が高いです。

今回はiPad Proの購入に合わせて、Smart Keyboard Folioを購入したので、実際に使ってみてわかったことを記事にしたいと思います。

同じカバーとして似ているSmart Keyboardとの違いも解説しているので、どちらを購入しようか悩んでいる方がいたら、参考にしてみてください。

iPad Pro 11インチのレビューはこちら

iPadpro11インチにした理由は5つある【最高です】

それでは本編をご覧ください。

Smart Keyboard Folioは必要か?

使ってみた結論からいうとSmart Keyboard Folioは使いやすい製品でした。

特に気に入ったのは1つで3役こなせるという、圧倒的スペックです。

Smart Keyboard Folioでできることは下記のとおりです。

1つで3役こなす!!

3つの役割
  • 前面と背面を守るカバーにもなる
  • 長文に使えるキーボードにもなる
  • 映画やアニメが見れるスタンドにもなる

使っていて思ったんですが、iPad ProにSmart Keyboard Folioを合わせるとなんでもできます。

もうiPadという枠組みを超えてMacBookにも迫るものがありました。

値段はAmazonで¥20,989と安くはありませんが、購入しても後悔することのないものだと思います。

とはいえ、気になるのはもう少し細かいところだと思うので、上記で紹介したSmart Keyboard Folioの3つの特徴と合わせて、使ってみて感じたことを解説していきます。

Smart Keyboard Folioを使ってみた感想

実際にiPad Proと合わせて使ってみて感じたことがあり、下記のとおりです。

Smart Keyboard Folioの特徴

  • ディスプレイ角度を2段回に調節できる
  • 簡単に接続ができる
  • 2ステップ展開可能で使いやすい
  • キーボードが小さめで場所を取らない
  • カバーと言えど、重さはある

全体的にSmart Keyboard Folioはあった方が使いやすいですが、持ち運びは少し重くなるので、注意が必要です。

それでは順番に解説していきます。

ディスプレイ角度を2段回に調節できる

Smart Keyboard Folioはディスプレイ角度の調節が2段回で行うことができます。

使い方としてはカフェで勉強する時は、高めから見れるように手前の角度に合わせます。

家でリラックスして見るときは、正面から見れるように奥の角度に合わせます。

上記のようにシチュエーションごとにディスプレイの角度を変えることができるので、使っていて見づらさはありませんでした。

そして、角度の変更も簡単にでき、Smart Keyboard Folioに付いている溝に合わせて移動させるだけです。

磁気を帯びているので、簡単にカチッとハマるのでストレスは全くありません。

簡単に接続ができる

iPad ProとSmart Keyboard Folioは簡単に接続することができます。

iPad Proの背面とSmart Keyboard Folioに付いている金属部分を合わせることですぐに接続され、キーボードとして使うことができます。

Smart Connectorが使われおり、従来の接続方式とは異なり、下記の違いがあります。

Smart Connectorとは?

・接続する時にプラグやペアリングは必要なし
・データのやり取りはすぐに行え、バッテリーは必要なし

https://narunblog.org/wp-content/uploads/2019/11/IMG_2166.png
ナルン

キーボードを充電させる必要はないですし、iPad Proの充電が切れるまで使い続けられるのはいいですね。

2ステップ展開可能で使いやすい

Smart Keyboard Folioには前モデルのSmart Keyboardがあり、展開方式が変更になり、使いやすくなりました。

以前までは、開くまでに時間がかかっていましたが、2ステップで開くことができるようになりました。

このおかげですぐに作業をすることができるようになります。

キーボードが小さめで場所を取らない

iPad Proは11インチの場合MacBookより小さいため、場所を取らずに作業をすることができます。

以外と電車で作業することがありますが、MacBookだと取り出すまでに時間がかかり断念していました。

しかしキーボードが小さめで場所を取らないiPad Proだと電車での作業に向いています。

カバーと言えど、重さはある

欠点というほどではないですが、カバーをつけると多少は重さが増します。

iPadにはSmart Keyboard Folioの他にアクセサリーでApple Pencilがありますが、その2つを合わせるとそこそこの重さになります。

しかしその欠点を十分に補えるスペックを持っています。

特にSmart Keyboard Folioなら動画を見たり、キーボードの代わりになるので、多くの方が使いやすくなります。

Smart keyboard folioまとめ

今回はSmart Keyboard Folioの使ってみて思ったことの記事でした。

実際に使っていますが、iPadをMacBookのように使うことができますし、カバーとしても最高でした。

今後もあったら使い続けたいと思います。

今回はこれで終わります。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です