あなただけのiPadが見つかる

Apple WatchはセルラーモデルとGPSモデルのどちらを買うべき?

どうも、Appleが大好きな会社員ナルン(@narunblog)です。

Apple Watch 5が発売され、購入を検討している方が多いと思います。

一番迷うところはセルラーモデルかGPSモデルのどちらにするか?ではないでしょうか。

今回はそんな方向けにセルラーモデルとGPSモデルの違いを分かりやすく解説していこうと思います。

ちなみに、Apple Watch 4 セルラーモデルを10ヶ月ほど使っていて、購入のときの判断ポイントや体験を元にしています。

Apple Watch Series 4
created by Rinker

GPSモデルとセルラーモデルの4つの違い

スペックを徹底的に比較

項目 Series 5 GPS + Cellularモデル Series 5 GPSモデル
本体価格 53,800円(税別)から 42,800円(税別)から
ケース素材 アルミニウム・ステンレススチール・チタニウム・セラミック アルミニウム
GPS機能 GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
センサー 電気心拍センサー,第2世代の光学式心拍センサー,加速度センサー,ジャイロスコープ,環境光センサー
Bluetooth 5.0
ストレージ容量 32GB
防水性能 50メートル
ディスプレイ 感圧タッチ対応LTPO OLED常時表示Retinaディスプレイ
チップ S5(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載),W3
通信方式 LTE、UMTS UMTS

ナルン

色々な項目を比較しているけど、本体価格、ケース素材、通信方法に違いがあるんだね

違い①:本体価格とランニングコスト

GPSモデルと比べてセルラーモデルは11,000円高くなっています。

seriesやベルトの違いに関わらず、本体価格はセルラーモデルの方が高くなっています。

更にセルラーモデルは購入してから月々の通信費がかかります。

キャリア別の通信費
  • ドコモ:ワンナンバーサービス 月額500円
  • au:ナンバーシェア 月額350円
  • ソフトバンク:モバイル通信サービス 月額350円
注意
現在は3大キャリアのみでしか契約が出来ません。格安SIMを契約している方はキャリア変更が必要になります。
まとめ
  1. セルラーモデルが11,000円高い
  2. セルラーモデルはランニングコストがかかる

違い②:ケース素材の選択肢

GPSモデルの場合はケース素材がアルミニウム一択なので選ぶことは出来ませんが、セルラーモデルには4つのケース素材があります。

高級感のあるステンレススチールや丈夫さのあるセラミックがあります。

4つのケース比較
まとめ
  1. セルラーモデルには4つのケースがある
  2. GPSモデルにはケースがアルミニウムしかない

違い③:通信方式

セルラーモデルとGPSモデルの最大の違いはここにあります。

  • セルラーモデル:単独通信が出来る
  • GPSモデル:iPhoneがないと通信が出来ない

セルラーモデルは単独通信が出来るため、近くにiPhoneがなくても通話を行なったりグーグルマップを使うことができます。

逆に言うと近くにiPhoneがある場合はセルラーモデルとGPSモデルに差はありません

違い④:外観とエルメスモデル

大きな違いではありませんが、セルラーモデルにはデジタルクラウンに赤いデザインが刻まれています。

デジタルクラウンの違い

外観の違いは他にはありません。

そして、ケースと同じようにApple Watchにはブランドモデルが存在します。

ナイキやエルメスと言ったブランドとコラボしているものです。

エルメスモデル

このエルメスモデルはセルラーのみしか販売していないため、購入を検討している方はセルラーモデルしか選択肢がありません。

セルラーモデルとGPSモデルの出来ること

GPSモデルだと単独では何も出来ないように思われがちですが、意外とiPhoneなしでも使うことができます。

iPhoneが近くにない場合に「どちらでも出来ること」と「セルラーしかできないこと」をまとめてみました。

どちらのモデルも出来ること

  • Apple Watchにダウンロードしていた音楽の再生
  • ワークアウトの記録
  • 電子マネー決済
  • Suicaでの支払い

セルラーモデルでしか出来ないこと

  • LINEの通知確認
  • 音楽のストリーミング
  • Podcast
  • Google マップ

日常的にはGPSモデルで困ることはなさそうです。

気をつけて欲しいのは、Apple Watchは設定のためにiPhoneが必要になると言うことです。

セルラーモデルでもGPSモデルでもiPhoneは必須になります

基本はGPSモデルを購入するといいかなと思います。

Apple Watch Series 5
created by Rinker

GPSモデルを購入する4つの理由

セルラーモデルの方が、単独通信が出来る分、出来ることは多いですし、便利にはなります。

しかし、実際には日常生活のなかでiPhoneは常に持ち歩いているので単独通信をする機会は多くありません。

あまりこだわる必要はないでしょう。

理由①:値段が安い

項目 Series 5 GPS + Cellularモデル Series 5 GPSモデル
本体価格 53,800円(税別)から 42,800円(税別)から

GPSモデルの方が本体価格が11,000円安いです。

また、ランニングコストがかからないため長期的に見ると更にお得です。

理由②:iPhoneから離れることはない

普段はiPhoneをポケットに入れたり、カバンの中にしまったりしています。

日常生活の中で、iPhoneと離れる時間はほんのわずかしかないでしょう。

離れると言っても家の中ぐらいの距離であれば簡単に通信することは出来ます。

普通に使う分にはGPSモデルで十分ではないでしょうか。

理由③:バッテリーの減りが早い

単独通信をすると、iPhoneと通信している時よりも、バッテリーの減る速度が早くなります。

一日中Apple Watchのみで単独通信をすると最悪バッテリー切れを起こしてしまうかもしれません。

理由④:通信料金が高くなる

セルラーモデルは購入した後もランニングコストがかかってきます。

3大キャリアに乗り換えないと行けなかったとApple Watch以外の通信費が高くなってしまう可能性があります。

セルラーモデルとGPSモデルは結局どちらを買うべき?

スペックや価格について紹介してきましたが、具体的にどんな人にどちらのモデルがオススメなのかまとめました。

セルラーモデルがおすすめの人

  • ランニングの時に何も持ちたくない人
  • コンビニに行く時に何も持ちたくない人
  • アルミニウム以外のケースが欲しい人
  • エルメスモデルが欲しい人

GPSモデルがオススメの人

  • 安くApple Watchが欲しい人
  • ランニングコストが気になる人
  • iPhoneを常に持ち歩いている人

【悩まない】セルラーモデル・GPSモデルのチェックリスト

ここまで、セルラーモデルとGPSモデルの違いに解説してきましたが、最後に今まの内容をまとめてチェックリストを作りました。

どちらのモデルに向いているか確かめてみてください。

当てはまったらGPSモデルを購入するべき

  • Apple Watchを安く手に入れたい
  • ケースや見た目にあまりこだわりがない
  • 格安SIMを使っていて、通信費を上げたくない
  • iPhoneを常に持ち歩いている

Apple Watch Series 5(GPSモデル)
created by Rinker

全てに当てはまらなかった方はセルラーモデルを購入する可能性が高いです。

最後に1つ確認をしてみてください。

当てはまったらセルラーモデルを購入するべき

  • ランニングコストは気にならない

Apple Watch Series 5(GPS + Cellularモデル)
created by Rinker

6 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です