あなただけのiPadが見つかる

AirPods×AppleWatchの連携で変わる5つのこと

AirPodsだけ持っている方もAppleWatchだけ持っている方も組み合わせて使う楽しさを知らないはずです。

AirPods×AppleWatchの連携は便利で、iPhoneとの組み合わせ以上になくてはならないものです。

AirPods×AppleWatchの連携は知ってしまえばすぐに使いたいと思うものばかりで、実際に毎日使っていることばかりです。

今回の記事ではAirPods×AppleWatchを組み合わせることで変わった5つのことをご紹介していきます。

https://narunblog.org/wp-content/uploads/2019/11/IMG_2166.png
ナルン

AirPodsやAppleWatchを使いやすくする参考にしてくだい!

それでは本編をご覧ください。

AirPods×AppleWatchで出来ること

さっそくですが、AirPods×AppleWatchの連携で変わる5つのことは下記のとおりです。

AirPods×AppleWatch変化点
  1. iPhoneなしでのランニング
  2. 電話の発信・着信ができる
  3. 音量調節が簡単
  4. 再生元の切り替えがシームレス
  5. バッテリーの確認

順番に解説していきます。

iPhoneなしでのランニング

AirPodsだけ持っている方はランニングの時にiPhoneと連携させて音楽だけを聴いている。

一方AppleWatchだけ持っている方はランニングの時にアクティビティの記録だけを取っている。

上記のことを行っているなら、その使い方は間違っています

AirPods×AppleWatchの連携はランニングに革命を起こしてくれます

AirPods×AppleWatchがあればiPhoneなど必要なくランニング中に「音楽を聴く」・「アクティビティを記録する」ことができます。

AirPodsだけ持っている方はAppleWatchを手に入れて快適にランニングできるようになります。

AppleWatchだけ持っている方はAirPodsを手に入れて音楽を聴きながら楽しくランニングすることができるようになります。

筆者はAirPodsだけでしたがAppleWatchを購入することでランニングが楽になった経験があります。

詳しくはAppleWatchをつけてランニングすると世界が変わるで紹介しているので参考にしてください。

どちらもAirPodsだけ、AppleWatchだけ持っていては行うことができないので、欲しいなら手に入れましょう。

バッテリーの確認

AirPodsの充電を確認するなら手早い方が良いですし、バッテリー確認のためにiPhoneのロックを解除するのはなんか違います

そんな時でもAirPods×AppleWatchで簡単にバッテリー確認をすることができます。

AppleWatchからコントロールセンターを開きます。

バッテリーの項目をタップすると、AirPodsまたはAirPodsProが接続中ならバッテリーが表示されます。

電話の発信・着信ができる

AirPodsだけでは電話を発信することができませんが、AppleWatchからなら任意の電話番号にかけることができます。

しかしAppleWatchだけでは通話中にスピーカーになってしまい、電話の内容が周りの人に聞こえてしまいます

そこでAirPodsを使ってイヤホンから音を聴くことができるようになります。

AirPodsでの操作はシンプリで通話に出るときはAirPodsをダブルタップする。

通話を切るときもAirPodsをダブルタップすると切断することができます。

iPhoneやAppleWatchからでも画面をタップすることで通話を開始することができますが、AirPodsを装着している状態では自動的にAirPodsとつながります

AppleWatchはiPhoneが近くにない状態でも電話の発信・着信を行うことができるので、ランニング中に配達の電話に対応したい方はおすすめです。

ただし、AppleWatch単体で電話を行いたいならGPSモデルではなくセルラーモデルを選択する必要があります。

AppleWatchのGPSモデルとセルラーモデルの違いは下記の記事で解説しているので参考にしてください。

Apple WatchはセルラーモデルとGPSモデルのどちらを買うべき?

音量調節が簡単

音楽を聴いていてもAirPodsだけのままでは音量調節する時にiPhoneを取り出して音量ボタンで変更する必要があります。

AppleWatchなしで音量調節をしようとすると下記の方法がありますが、どれも簡単なものではありません

音量調節の方法
  • iPhoneの音量ボタン
  • ミュージックアプリで変更
  • コントロールセンターで変更
  • Siriを使う

優秀に思えるAirPodsですが、音量調節には欠点があり簡単に音量調節をすることができません

ワイヤレスイヤホンを使っているのにわざわざiPhoneを取り出して、音量調節をするってダサいです。

通勤など人の多い環境を考えるとSiriに話しかけるのも気が引けます。

そんなAirPodsの欠点を補えるのがAppleWatchです

AppleWatchは音楽を再生している時なら、ディスプレイを表示させた瞬間にミュージックアプリに切り替えることができます。

後はデジタルクラウンをクルクル回すことで音量調節を簡単に行うことができます。

再生元の切り替えがシームレス

AirPodsはApple製品の切り替えをシームレスに行うことができます。

筆者はランニングする時にAppleWatchを使って音楽を聴くのですが、iPhoneからの切り替えが必要になります。

AirPods以外のワイヤレスイヤホンだと1度設定をし直す手間がありますが、AirPodsならラグなくスムーズに切り替えることができます

ランニングから帰ってきたらAppleWatchからiPhoneに切り替えますが、その際も同様でシームレスにつながります。

この切り替えはミュージックアプリに限った話ではなく、AppleWatchミュージックアプリからiPhoneオーディオブック切り替え可能です。

AirPods×AppleWatchで出来ることまとめ

AirPods×AppleWatchの連携で変わる5つのことをご紹介してきました。

まとめると下記のとおりです。

AirPods×AppleWatch変化点
  1. iPhoneなしでのランニング
  2. 電話の発信・着信ができる
  3. 音量調節が簡単
  4. 再生元の切り替えがシームレス
  5. バッテリーの確認

AirPods×AppleWatchの連携は便利で、Apple製品同士をさらにシームレスにつなげることができます。

まだAirPodsだけしか持っていない方やAppleWatchだけしか持っていない方はAirPods×AppleWatchの連携を体験してみてください。

https://narunblog.org/wp-content/uploads/2019/11/IMG_2166.png
ナルン

AirPods×AppleWatchの連携は使いやすいです!

以上。「AirPods×AppleWatchの連携で変わる5つのこと」になります。

関連

AppleWatch比較記事紹介はこちら

【2020年最新】Apple Watchのおすすめは?後悔しない選び方とシリーズの違いを比較

AirPodsとAirPodsPro比較記事はこちら

AirPodsとAirPodsProを比較 普段使いとワークアウトにおすすめなのは?

AppleWatchGPS・セルラーモデルの違いはこちら

Apple WatchはセルラーモデルとGPSモデルのどちらを買うべき?

AppleWatchのランニングレビューはこちら

Apple Watchを持つとランニングが続く7つの理由

AirPodsのランニングレビューはこちら

AirPodsをランニングで使う前に知っておきたい6つのこと

AirPodsProのランニングレビューはこちら

AirPods Proを検討しているランナーが気になる6つのこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です