あなただけのiPadが見つかる

AirPodsをランニングで使う前に知っておきたい6つのこと

AirPods(エアーポッズ)の購入を迷っている人

  • AirPods(エアーポッズ)はランニングに使っても耳から落ちませんか?汗で壊れませんか?
  • ランニング用ワイヤレスイヤホンを初めて買おうと思っているのですが、AirPods(エアーポッズ)は使いやすいですか?

本記事では上記の疑問に答えていきます。

結論

AirPodsは今まで使ったどんなワイヤレスイヤホンよりもぶっちぎりで1番使いやすいです。

AirPodsProと比較しても、性能は変わらないのに価格は安いのでコスパ良しです。

関連 AirPodsProをランニングに使って分かったこと

https://narunblog.org/wp-content/uploads/2019/11/IMG_2166.png
ナルン

ランニング用イヤホンを検討しているならAirPods(エアーポッズ)を試してみてください!

この記事で分かること
  • AirPods(エアーポッズ)をどれくらの期間で使ったのか?
  • AirPods(エアーポッズ)をランニングに使って分かったこと
  • ランニングを楽しむためにやった方がいいこと

下記画像は筆者の2019年アクティビティ記録になります。

画像から分かること

  • ランニング+ウォーキングの記録
  • ランニングのみだと1日2.0kmほど
  • ランニング+ウォーキングは平均して1日9.1km

AirPodsを購入してから1年間ほど、ランニングに使ってきましたが、AirPodsはランニングに最適です

そこで本記事では、AirPods(エアーポッズ)がランニングに最適だと断言できる理由と下記の疑問に対する答えをまとめました。

AirPodsへの疑問
  1. AirPodsは耳から落ちない?
  2. ランニング中に汗で汚れない?
  3. 雨に濡れて壊れない?
  4. 耳へのフィット感はどう?
  5. どのくらいバッテリーは持つ?
  6. 重いと走りにくいけど、重量は?

ランニング用にAirPods(エアーポッズ)を検討している方の参考になれば幸いです

それでは本編をご覧ください。

AirPods(エアーポッズ)へのランニングに対する疑問

AirPods(エアーポッズ)へのランニングに対する疑問は下記のとおりではないでしょうか。

AirPodsへの疑問
  1. AirPodsは耳から落ちない?
  2. ランニング中に汗で汚れない?
  3. 雨に濡れて壊れない?
  4. 耳へのフィット感はどう?
  5. どのくらいバッテリーは持つ?
  6. 重いと走りにくいけど、重量は?

順番に解説していきます。

AirPodsは耳から落ちない?

AirPodsはランニング中に耳から落ちることはありません

実際に1年間AirPods(エアーポッズ)をランニングに使いましたが、ただの1度も耳から落ちたことはなかったです。

AirPodsが耳から落ちない理由としてAirPods(エアーポッズ)がインナーイヤー型イヤホンであることが挙げられます。

上記画像のように耳に引っ掛けて使うタイプのイヤホンです。

イヤホンの中には、カナル型のように耳にイヤーピースを差し込んで使うものもあります。

ただ、耳の穴は人によってサイズが違うので、カナル型イヤホンの場合は外れやすいです。

ランニング中は振動が激しくなりますが、イヤーピース型のAirPodsは耳から外れにくいです。

ランニング中に汗で汚れない?

AirPodsはランニング中の汗で汚れることがあります

筆者のように髪が耳のあたりまでの方は汗が髪を伝わってAirPodsの表面が濡れることがあります。

ただ、AirPodsがランニング中の汗で汚れてしまっても簡単にお手入れすることができます

AirPodsのお手入れ方法は下記のとおりです。

AirPodsお手入れ方法
  1. 全体を軽く湿らせた布で拭く
  2. マイク・メッシュ部は乾いた綿棒で拭く
  3. 糸くずのでない乾いた布で拭く
  4. 完全に乾かしてからケースに入れる

AirPodsの詳しいお手入れ方法はApple公式サイトにも載っています。

雨に濡れて壊れない?

AirPodsは雨に濡れても壊れることはありません

1年間AirPods(エアーポッズ)をランニングに使っていると雨の日もありますが、濡れても問題なく使えています

また下記の動画では、AirPodsを洗濯機で30分間洗っていますが、その後問題なく使えていました

洗濯機で洗うのは5:15あたりです。

まとめるとランニング中に雨で濡れるぐらいではAirPodsは壊れません

注意
ただし、Apple公式サイトを見るとAirPods(エアーポッズ)は防水・耐水のどちらにも対応していないため扱いは慎重に行ってください。

耳へのフィット感はどう?

耳へのフィット感はそれなりにあります

それなりと書いたのは理由があって、AirPodsはインナーイヤー型なので、カナル型のようなフィット感はありません

とはいえ、ランニング用イヤホンならAirPodsのフィット感が1番だと思っています。

ランニング中に周りの音が聴こえないと事故に巻き込まれる可能性があるので、周囲の音が少し聴こえるくらいがちょうど良いです。

どのくらいバッテリーは持つ?

約5時間ほどバッテリーは持ちます

筆者は毎日30分ほどのランニングを行っているので、バッテリーは気になりません。

しかし、フルマラソンでAirPodsを使おうと思っている方ならバッテリーは最後まで持たないかもしれません

とはいえ、AirPods(エアーポッズ)のバッテリーがなくなってしまっても、ケースに入れて充電することですぐに使えるようになります

AirPodsをケースで5分間充電することで、1時間使うことができます。

ケースと合わせることで最大24時間のバッテリーになります。

重いと走りにくいけど、重量は?

AirPodsは片方4gの重さがあります。

これは他のワイヤレスイヤホンと比較しても、ものすごく軽いです。

重さ比較

  • AirPods 4g
  • AirPods Pro 5.4g
  • WF-1000XM3(SONY) 8.5g
  • Bose SoundSport Free 9g

ランニング中にAirPods(エアーポッズ)を使っていても、重さを感じることがまったくありませんでした。

少し補足すると重量が重いほどバッテリー持ちが良くなる傾向にありますが、ランニングに重要なのは軽さかなと思うので、AirPodsはランニングに最高です。

AirPodsはランニングに最適

AirPodsをランニングに1年間使ってみて思ったことは、たったの1つで、「AirPodsはランニングに最適だな」ということです。

AirPodsをランニングに使ってみたまとめ

AirPods(エアーポッズ)をランニングに使ってみて分かったことをまとめると下記のとおりです。

  1. AirPodsは耳から落ちない
  2. ランニング中の汗で汚れにくい
  3. 雨に濡れたぐらいでは壊れない
  4. 周囲の音が聴こえるぐらいのフィット感
  5. 最大5時間のバッテリー
  6. トップクラスの軽さ、わずか4g

汗を掻いても耳から落ちないし、付け心地はちょうど良いのでランニングにAirPodsを使うと満足度が高いです。

AirPods×Apple Watchの連携が便利

https://narunblog.org/wp-content/uploads/2019/11/IMG_2166.png
ナルン

ランニングにはAirPodsの他にApple Watchを連携させると便利です!

Apple Watchがあればランニングの時にiPhoneはいらないのでAirPodsと合わせて軽快にランニングすることができます

その他にもランニングのための便利な使い方があるので、気になった方は下記を参考にしてください

ランニングにApple Watchを使った感想はこちら

Apple Watchを持つとランニングが続く7つの理由

AirPodsProをランニングに使った感想はこちら

AirPods Proを検討しているランナーが気になる6つのこと

以上。「AirPodsはランニングに最適です【1年間レビュー】」になります。

AirPodsをランニングに使おうと考えている方の参考になれば幸いです!

ツイッターで質問に答えます!

筆者はTwitterをやっています。

  • AirPodsについて気になったので、もっと知りたい!
  • Apple製品について気になっている!
  • AppleWatchってランニングに使える?

などなど。

少しでも気になることがあったら気軽にDMをください!

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です