あなただけのiPadが見つかる

【iPhone】以外と知らないけど役に立つ小技13選

iPhoneに慣れてくると他の人より便利に使いたいと思ったり、もっと簡単な操作方法がないかと思いませんか?

実は知らないだけで、iPhoneには小技が隠されています。

そこで以外と知らないけど役に立つ小技をご紹介します。

こんな使い方もあったのか!」と思っていただけると幸いです。

本記事の内容

・iPhoneの小技13選

本記事の信憑性

・iPhone歴3年
・Apple大好きマン

以外と役に立つ小技13選

さっそく小技13選をご紹介していきます。

実際に操作しながら本記事を読み進めていただくことをお勧めします。

画面キャプチャが簡単にできる

iPhoneではスクリーンショットをとる時、サイドボタン(電源ボタン)+音量を上げるボタンを同時に押します。

実はスクショだけでなく、画面キャプチャをする方法があります。

アプリは使わずに画面キャプチャが可能です。

方法は

設定→コントロールセンター→コントロールをカスタマイズ→画面収録を追加

これだけで、コントロールセンターから画面キャプチャをすることができます。

さらに画面キャプチャ中にアイコンを長押しするとマイクも同時に録音が可能です。

盗聴ができるライブリスニング

iPhoneで周囲の音を拾い、ワイヤレスイヤホンに送信することでワイヤレスイヤホンを補聴器の代わりに使うことができます。

これを応用してiPhoneを壁の裏に置いたまま遠くから周囲の音を盗聴することも可能です。

悪用厳禁ですので、マナーを守って使ってください。

設定→コントロールセンター→コントロールをカスタマイズ→聴覚を追加で完了です。

後はワイヤレスイヤホンに接続した状態で、ライブリスニングを起動するとワイヤレスイヤホンでiPhone周囲の音を聴くことができます。

キーボードを3Dタッチするとトラックパッドになる

iPhoneのメモアプリを使っている時に文字を入れ忘れたとか、漢字を変更したい時にタップでカーソルを移動するのは大変です。

実はキーボードを3Dタッチするとトラックパッドになり、カーソルを自由に動かすことができます。

3Dタッチが使えないモデルでは空白やスペースを長押しすると同じことが可能です。

https://twitter.com/narunblog/status/1204040089631780865

バッテリーが減りにくいダークモード

バッテリーの消費を押さえたい時はダークモードが有効です。

ダークモードにするとディスプレイの発光を押さえられるため、バッテリーの持ちが良くなります。

こちらの動画だとYoutubeやTwitterを使うだけでもダークモードの方が消費が少ないことがわかっています。

さらに人によっては白ベースより黒ベースの方が見やすかったりするので、Youtubeとかをダークモードにしてる方にはお勧めの設定です。

設定→画面表示と明るさ→ダークモードを選択で完了します。

コントロールセンター→ディスプレイ光量バーを長押しでも変更することができます。

無くしたAirPodsを探すことができる

ワイヤレスイヤホンはすぐに無くしてしまいそうですが、iPhoneから簡単に見つけることができます。

https://twitter.com/narunblog/status/1203604057429905408

探す→デバイスを探す→AirPodsPro選択→サウンドを再生です。

これで無くしてしまった時は探すことができます。

取り消し操作を行う

iPhoneにはCommandキーやCtrlキーが無いため取り消し操作ができないと思われがちです。

しかし、4つの方法で取り消し操作を行うことができます。

・iPhoneをシェイクする
・3本指でダブルタップする
・3本指で左にスワイプする
・3本指でタップして←を選択

順番に説明していきます。

iPhoneをシェイクする

iPhoneを軽くシェイクすると、取り消し操作を行うことができます。

ただし、この方法は大変な上に人の多い場所では行うことができません。

人の多い場所でも取り消し操作を行いたい時は次の3つの方法を試してみてください。

3本指でダブルタップする

3本指で画面をダブルタップします。

すると先ほどと同じように取り消し操作を行うことができます。

ただし、3本指を同時にダブルタップしないといけないので難易度は高めです。

3本指で左にスワイプする

次は3本指で左にスワイプします。

こちらは3本指のダブルタップと比べても、操作は簡単になります。

ただし、iPhoneの画面は小さいので少し大変かもしれません。

3本指でタップして←を選択

最後は3本指でタップして出てくる矢印をタップです。

左矢印をタップすることで取り消し操作を行うことができます。

以上の4つがiPhoneで取り消しを行う方法です。

取り消し操作をキャンセルする

次は反対に取り消し操作をキャンセルする方法です。

WindowsだとCtrl+Yに当たります。

全部で3つあり、以下の通りです。

・iPhoneをシェイクする
・3本指で右にスワイプする
・3本指でタップして←を選択

iPhoneをシェイクする

取り消し操作と同じくiPhoneをシェイクします。

すると取り消しをキャンセルするが表示されるので、タップします。

この取り消し操作キャンセルは取り消しを行っていないと表示されないので注意が必要です。

3本指で右にスワイプする

勘の言い方なら気づいたかもしれませんが、取り消し操作の逆になります。

3本指で右にスワイプするとキャンセルすることができます。

3本指でタップして→を選択

こちらも同じで、3本指でタップして右を選択します。

取り消し操作のキャンセルは3本指でトリプルタップしても行えないので、できなくても問題ありません。

アプリの移動を1度に行うことができる

iPhoneアプリの並び替えを行う時に1つずつ移動させている方はこの方法を使うことで一瞬でアプリを移動させることができます。

アプリを長押し→ホーム画面を編集→アプリをタップ→そのまま別の指でアプリをタップ。

これで複数のアプリを重ねて1度に移動することができます。

電卓アプリをすぐに起動する

生活をしていると以外と電卓を使う機会が多いはず。

その度に電卓アプリを探すのは大変なので、ワンタップで起動できるようにします。

設定→コントロールセンター→コントロールをカスタマイズ→計算機を追加です。

これでコントロールセンターから電卓アプリを起動することができます。

なおSiriを起動して計算を行わせる方法もあります。

iPhoneを使う時間を制限する

iPhoneを使いすぎてしまう方やお子さんの使用時間を制限したい方はこの方法で問題を解決することができます。

設定→スクリーンタイム→App使用時間の制限→時間を設定する。

これで設定した時間のみアプリを使うことができます。

スクリーンタイムではアプリの制限以外に使用時間を見ることもできるので、普段どのくらいiPhoneを使っているか知りたい方は1度確認してみるのもいいかもしれません。

ライトの光量を変更する

ライトの光量はオンとオフ以外に自由に変更できます。

コントロールセンター→ライトを長押し→光量バーを変更です。

環境によってライトの光量を変更しましょう。

壁紙を動かすことができる

iPhone XSの初期ロック画面は3Dタッチすると壁紙を動かすことができます。

Liveで撮った写真を壁紙に設定することで動かすことも可能です。

壁紙の変更は

設定→壁紙→壁紙を選択で行うことができます。

Siriのショートカットを使う

Siriのショートカットを使うと普段行う操作を自動化できます。

例えば、電車の時間を調べて、帰宅時間をメッセージに送るなどの操作を1タップで行えます。

AppStore→Siriショートカット→自由に設定する。

街中で「Hey,Siri ○○して」というのが苦手な方もショートカットに登録しておくとすぐに操作できます。

iPhoneはまだまだ小技がいっぱいある

iPhoneで以外と知らない小技を紹介してきました。

全部で13個あるので、まとめておきます。

画面キャプチャが簡単にできる
盗聴ができるライブリスニング
キーボードを3Dタッチするとトラックパッドになる
バッテリーが減りにくいダークモード
無くしたAirPodsを探すことができる
取り消し操作を行う
取り消し操作をキャンセルする
アプリの移動を1度に行うことができる
電卓アプリをすぐに起動する
iPhoneを使う時間を制限する
ライトの光量を変更する
壁紙を動かすことができる
Siriのショートカットを使う

iPhoneの小技を使いこなして作業性をアップさせましょう。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です