あなただけのiPadが見つかる

【iPhone】メモアプリの使い方を分かりやすく解説する【画像付き】

メモアプリの使い方が分からなくて困っている人

iPhoneの純正メモアプリがいいって聴いたんですけど他のメモアプリと何が違うんですか?

メモアプリの使い方を方が分からないので教えてください。

こんな疑問を解決します。

iPhone純正のメモアプリは出来ることが限られていて、それ故にシンプルで使いやすいものになっています。

これまでにEvernoteやGoodnotesといったメモアプリを使っていましたが、今は純正のメモアプリを使用中です。

純正メモアプリは使いやすいだけでなく、便利な機能もあるので合わせてご紹介します。

本記事の内容

・他のメモアプリとの違い
・iPhone純正メモアプリの使い方

本記事の信憑性

・これまでに多くのメモアプリを使って来ました
・ブログの下書きや買い物リストをメモアプリを使っています

そもそもメモアプリって何?

メモアプリはその名の通り忘れないようにメモをしたり、ノートのように使うこともできます。

紙のノートに比べて、iPhoneだけで使うことができるので持ち運びに便利です。

表を追加したり、イラストを書くことが簡単にできるのも良い点だと思います。

紙のノートと違って、汚れる心配もありませんし、なくしてしまってもすぐに復旧できるので問題ありません。

メモアプリはiPhoneの純正アプリなので使いやすい

今回紹介するのはiPhoneをお持ちの方なら誰でも使うことができる純正のメモアプリになります。

メモアプリには他にEvernoteやGoodnotesがありますが、日常生活で使うなら圧倒的に純正のメモアプリが使いやすいです。

特に良いとおもうサービスは以下の3つです。

・全ての機能を完全無料で使える
・iCloudに保存すると全ての端末から編集可能
・台数制限なし

順番に説明していきます。

全ての機能を完全無料で使える

無料のメモアプリやノートアプリは多くありますが、「完全無料」で使えるのは純正メモアプリの良さです。

他のメモアプリは途中まで無料で、便利な機能を使いたいときは有料になることがザラではありません。

純正メモアプリは期限や機能制限は一切なく、いつまでも無料で使右ことができます。

iCloudに保存すると全ての端末から編集可能

純正メモアプリはiPhoneの機能であるiCloudを使うと全ての端末からメモアプリを操作することができます。

設定をしておくともしiPhoneをなくしてしまっても、別の端末からログインするとメモを見られるようになります。

もしメモアプリを使っていて設定を完了していないなら完了させた方が無くす心配がありません。

台数制限なし

iCloudに設定しても使っている全ての端末から見れないと意味がありません。

メモアプリなら何台でもメモを共有することができます。

通勤時はiPhoneでメモアプリを見て、会社ではmacbookで見る、家ではゴロゴロしながらiPadで見るといった使い方ができます。

以上の3つがメモアプリの説明になります。

次からは実際にメモアプリを使う前の準備を行って、メモアプリを使っていきます。

メモアプリを使う前にする準備

メモアプリを使い始める前に2つの設定が必要になります。

・iCloudを設定する
・フォルダを作る

この設定を行っておくと全ての端末から自分が書いたメモを見ることができるようになるだけでなく、見つけたいメモをすぐに探すことができるようになります。

iCloudを設定する

iCloudを設定しておくと全ての端末からメモアプリを共有することができるようになります。

設定方法はiPhoneの設定→AppleID(1番上)→iCloud→メモをオンにする

この際にカレンダーやリマインダーもオンにすると全ての端末から使うことができるようになります。

フォルダを作る

フォルダを作ることでメモのジャンル分けができ探しやすくなります。

間違って消したりすることもなくなるので先に作っておくと良いです。

メモアプリ→新規フォルダ

これでメモアプリを使う前の準備は終了になります。

次からメモアプリの使い方を説明していきます。

メモアプリを実際に使ってみる

ここからはメモアプリの使い方を画像付きで説明していきます。

使い方を覚えるコツは実際に手を動かしながらやってみることだと思います。

本記事を読みながら画像の通りに手を動かすと1回でメモアプリの使い方を覚えて、自由に使いこなすことができるようになります。

それでは右下をタップしてメモを新規作成します。

タイトルや見出しの変え方

メモアプリを新規作成したら、後から分かるようにメモに名前をつけます。

この時つけた名前がフォルダを開いた時にメモの内容を表すものになります。

タイトルや見出しの大きさを変更したいときはAaをクリックして1番上の列を左右にスワイプして、クリックしてください。

タイトルや見出しの大きさを変更することができます。

表の作り方

表の作り方はシンプルです1番左のアイコンをクリックします。

作成された表の行列は自由に変更することができます。

オプションをタップすると列の追加や行の削除を行えます。

リストの作り方

リストの作り方は先ほどのタイトル変更と同じくAaをタップします。

1番下の列の左から3つのうちのどれかを選択します。

後は好きな単語を並べながらリストを作成することができます。

1度リストを作ると改行を行わずにリストを作り続けることが可能になります。

優先順位があるリストを作るときは真ん中の数字を選択することで作成可能です。

文字装飾の仕方

使える文字装飾は4つあります。

・強調
・イタリック
・アンダーライン
・取り消し線

先ほどと同じくAaを選択して真ん中の列のどれかをタップして選択します。

左から順番に強調、イタリック、アンダーライン、取り消し線になっています。

インデントのやり方

インデントは字下げを表す言葉で、メモを見やすくする効果があります。

リストなどにインデントを行うことで、段落分けができるので見やすいメモになります。

Aaをタップして1番下の列の右2つのどちらかをタップします。

チェックリストの作り方

チェックリストは漏れを無くすことができます。

例えば、買い物用にチェックリストを作ると食材や調味料をリスト化できるので買い忘れがなくなります。

真ん中のチェックアイコンをタップするとリストを作成することができます。

完了したらアイコンをタップすることでチェックマークが完了に変わります。

写真の挿入

写真の挿入は写真アイコンをタップします。

写真やビデオの選択はもちろんですが、書類をスキャンすることもできます。

レシートや雑誌の切り抜きをスキャンすると家計簿やオリジナルの雑誌になります。

マークアップ

1番右のペンアイコンをタップします。

メモアプリが自由帳に早変わりして、イラストを書くことができます。

定規を使って正確な線を引くことができるのでちょっとしたアイコンを書くことならできそうです。

メモアプリを使いこなそう

本記事ではメモアプリの使い方をご紹介してきました。

メモアプリを使いこなせるようになるには手を動かして作業をするのが1番です。

1度覚えているか確認をしてみましょう。

・タイトルや見出しの大きさを変える
・表
・リスト
・文字装飾
・インデントで見やすくする
・チェックリスト
・写真の挿入
・マークアップ

覚えるまでは大変ですが、慣れてしまえが使いやすいメモアプリです。

メモアプリを使いこなして買い物やブログに活かしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です