あなただけのiPadが見つかる

【2020年】Apple Watchと腕時計の違いは? できることまとめ!

Apple Watch(アップルウォッチ)できることが知りたい人

  • Apple Watch(アップルウォッチ)でできることが多いと聞きますが、腕時計と比べてどんなことができますか?
  • Apple Watch(アップルウォッチ)でしかできないような特別な機能や使い方はありますか?
  • Apple Watch(アップルウォッチ)を使うことでApple製品の連携を高め、便利に使えるようになると聞きましが、本当ですか?

上記の疑問を解決します。

まずは結論!
  • 腕時計でできること全てできます
  • Apple Watchだけの機能があります
  • Apple製品と親和性バッチリです

Apple Watch(アップルウォッチ)は腕時計の使い方からスマートウォッチの便利さまでを兼ね備えた、万能の腕時計です。

Apple Watch(アップルウォッチ)を、仕事でもプライベートでも使っていますが、時間管理はもちろん、SNSも見れるので重宝しています

こんな人向けの記事です

  • 腕時計との違いが知りたい
  • Apple Watchが気になる
  • アップル製品を便利に使いたい

この記事ではApple Watch(アップルウォッチ)と腕時計の違いを解説しつつ、Apple Watch(アップルウォッチ)でできることをまとめました。

iPhoneやMacBookとApple Watch(アップルウォッチ)を組み合わせてできることも紹介しています。

Apple Watch(アップルウォッチ)ってなんなのさ!というところからアップルマニア向けの使い方を知ることができます。

この記事で分かること
  • Apple Watchと腕時計の違い
  • Apple Watchの便利な使い方
  • アップル製品と連携して使う方法
  • Apple Watchの使えないところ

記事の最後にApple Watch(アップルウォッチ)の使えないところをまとめたので、気になる方だけ読んでください。

それでは本編をご覧ください。

Apple Watch(アップルウォッチ)と腕時計の違い

Apple Watch(アップルウォッチ )と腕時計の違いを7つの項目に分けて下記にまとめました。

  Apple Watch 腕時計
時刻の表示 ◎(変更可)
日付の有無 ◎(予定見れる)
ストップウォッチ ×(ないものも)
タイマー ×(ないものも)
時刻の正確さ
世界時計 ◎(複数見れる) ◯(1つだけ)
LEDライト ◎(常時点灯) ×(ボタンを押す)

◎…すごくできる ◯…まあまあできる ×…できない

Apple Watch(アップルウォッチ)は腕時計でできる全ての機能を兼ね備えています。

Apple Watch(アップルウォッチ)さえあれば、腕時計がなくとも時刻やスケジュール管理が簡単にできます。

さらにiPhoneやMacと連携することで、7つの項目をより便利に使いこなすことができます。

https://narunblog.org/wp-content/uploads/2019/11/IMG_2166.png
ナルン

これからApple Watch(アップルウォッチ)7つの項目を紹介していきます!

時刻を自分好みに変更できる

Apple Watch(アップルウォッチ)は文字盤を変えることで、状況に合わせた表示が可能です。

仕事は分かりやすくシンプルに、プライベートは遊び心を持たせるなどの使い分けができます。

Apple Watch(アップルウォッチ)は腕時計としてではなく、ファッションアイテムとしても使えます。

関連【全31種】Apple Watch(アップルウォッチ)の文字盤コンプリート

日付からスケジュールが分かる

Apple Watch(アップルウォッチ)は日付が分かるだけではなく、その日のスケジュールを知ることができます。

カレンダーアプリと連携することで、スケジュール帳がなくともやるべきことが分かります。

通知機能もあり、手首を振動させて教えてくれるので、時間に追われていても予定を忘れることがありません。

ストップウォッチが使いやすい

Apple Watch(アップルウォッチ)はディスプレイが大きいので、タイム計測を簡単にできます。

ラップ機能があるので、細かく作業時間を分けたいときもApple Watch(アップルウォッチ)が役に立ちます。

表示も複数あるので、作業に合わせて使いやすいものに変更できます。

タイマーをすぐに設定できる

Apple Watch(アップルウォッチ)は残り時間に合わせて、タイマーを設定できます。

1,3,5,10分などよく使うタイマーはプリセット登録されているので、ワンタップで呼び出し可能です。

さらに、履歴から過去に使ったタイマーも使えるので、毎回タイマー設定をする手間がありません。

https://narunblog.org/wp-content/uploads/2019/11/IMG_2166.png
ナルン

「Hey,Siri」を使えば、両手が塞がっていてもタイマーを使えます!

時刻の正確さはiPhone級

どんな時でも、最も正確な時計の一つであるように。
Apple Watchは iPhoneと連係し、最も信頼できる世界標準時との照合をGPS衛星と同じ精度で絶え間なく行います。これは実に正確で、世界中のApple Watchの秒針(ミッキーの場合は足)がしっかりシンクするほどです。今いる国でサマータイムが始まると当然その国の新しい時間に切り替わり、時間帯を越えて移動した時は自動的に時差を調整します。時計を合わせる、という考えは、時のかなたに去っていくでしょう。

参考リンク:Apple

Apple Watch(アップルウォッチ)はiPhoneと連携しているので、どこにいても正確な時刻を表示することができます。

もし、バッテリーがなくなってしまっても、時刻を再設定する必要はありません。

世界時計を複数設定できる

Apple Wawtch(アップルウォッチ)は、あなたの気になる世界時計をいくつでも設定できます。

都市を追加から世界中すべての時計を検索すれば、すぐ見つけられます。

設定した世界時計をタップすると、時差が分かるので、向こうの様子を知ることができます。

LEDライトでいつでも見れる

Apple Watch(アップルウォッチ)は常時点灯になっているので、暗い場所でもはっきりと時刻を確認できます。

腕時計ではボタンを押してライトを付けないといけませんが、その手間もありません。

腕時計は時刻が見やすいことが重要になってきますが、Apple Watch(アップルウォッチ)は、大きく誰でも見やすいです。

https://narunblog.org/wp-content/uploads/2019/11/IMG_2166.png
ナルン

映画館では、シアターモードを使いディスプレイをオフにできるので安心です!

Apple Watchでできることまとめ!

ここからはApple Watch(アップルウォッチ)ならではの機能をご紹介します。

腕時計にできないこともApple Watch(アップルウォッチ)ならできることが多いです。

目覚ましとして使う

Apple Watch(アップルウォッチ)はiPhoneのアラームアプリと連携して目覚ましになります。

iPhoneで追加したアラームはApple Watch(アップルウォッチ)から削除でき、Apple Watch(アップルウォッチ)から追加することも可能です。

音ではなく手首の振動で起きるので、快適な目覚めを体験することができます。

LINEやTwitter通知確認や返信

よく使うアプリといえばLINEやTwitterなどのSNSではないでしょうか。

Apple Watch(アップルウォッチ)では手首でメッセージの内容をすぐに見ることができます。

さらに予め決めておいた定型分を使い、ワンタッチで返信可能です。

文字以外にもスタンプを送ることができ、音声入力にも対応しているので使いにくさはありません。

関連Apple Watch(アップルウォッチ)でLINEを使う方法

関連Apple Watch(アップルウォッチ)でTwitterを使う方法

電話の着信発信

Apple Watch(アップルウォッチ)は電話の着信を振動で知らせてくれます。

Apple Watch(アップルウォッチ)だけで会話でき、聞こえにくいところではiPhoneに切り替えできます。

さらにApple Watch(アップルウォッチ)セルラーモデルならiPhoneが近くになくとも電話対応できます。

例えばランニング中にApple Watch(アップルウォッチ)だけ持っていれば、配達の電話に出ることができます。

関連Apple Watch(アップルウォッチ)セルラーモデルとGPSモデルの違い

音楽を聴ける

Apple Watch(アップルウォッチ)は、AirPodsやAirPods Proなどのワイヤレスイヤホンを使って、音楽を聴くことができます。

セルラーモデルやGPSモデルに関係なく、Apple Watch(アップルウォッチ)だけで好きなアーティストの楽曲を再生可能です。

iPhoneのミュージックアプリと連携しているので、Apple Watch(アップルウォッチ)なら設定の手間がいりません。

関連Apple Watch(アップルウォッチ)で音楽を再生する方法

Suicaで自動改札を通過できる

Apple Watch(アップルウォッチ)を使うとiPhoneをポケットから取り出すことなく、自動改札を通過できます。

エクスプレスカードに設定しておけば、かざすだけで支払いが完了するので、時間の無駄がありません。

Apple Watch(アップルウォッチ)ではSuica以外に、iDやPayPayも使えるので、ほとんどの飲食店で利用可能です。

関連Apple Watch(アップルウォッチ)でSuicaを使う方法

アクティビティ計測できる

完全防水のApple Watch(アップルウォッチ)ならどんなスポーツでもアクティビティ計測が可能です。

アクティビティの数は50種類以上あり、マイナースポーツを新しく追加することができます。

計測したデータはiPhoneに蓄積されるので、体重管理やカロリー計算をおこなえます。

iPhoneのカメラをリモート操作

Apple Watch(アップルウォッチ)からiPhoneカメラを使って、写真を撮ることができます。

3秒セルフタイマーがあるので、自撮りや集合写真にも便利です。

Apple Watch(アップルウォッチ)ならiPhoneカメラの映像が共有されるので、シャッターチャンスを見逃しません。

デザインをカスタマイズできる

Apple Watch(アップルウォッチ)はデザインをカスタマイズして、あなただけのApple Watch(アップルウォッチ)を作れます。

Apple Watch(アップルウォッチ)は購入前と購入後で、デザイン変更できますが、よく行うのは購入後の変更です。

デザインを変えられる

  1. 文字盤(文字盤の種類、カラー)
  2. バンド

文字盤×バンドの種類は無数にあるので、季節や服装に合わせて変えられるのはApple Watch(アップルウォッチ)だけです。

左右の腕に付け替えできる

Apple Watch(アップルウォッチ)は、左右どちらの腕にも付けられるようディスプレイの向きを変更できます。

腕時計は右利きように作られていることが多いですが、Apple Watch(アップルウォッチ)なら左利きでも使いやすいです。

関連Apple Watch(アップルウォッチ)なら左右どちらでも付けられる

生理周期の確認

Apple Watch(アップルウォッチ)は運動だけでなく、健康面でのサポートも充実しています。

生理周期をApple Watch(アップルウォッチ)で記録、確認することはもちろんですが、iPhoneと連携することで、細かな体調の変化に気づくことができます。

地図やナビアプリを使う

Apple Watch(アップルウォッチ)は手首につけるだけで、知らない道でもナビゲートしてくれます。

iPhoneアプリと同じように、向いている方向が分かるので、迷うことはありません。

https://narunblog.org/wp-content/uploads/2019/11/IMG_2166.png
ナルン

Apple Watch(アップルウォッチ)だけ持って、知らない場所をランニングできる楽しさがあります!

iPhoneを探すことができる

Apple Watch(アップルウォッチ)は連携しているiPhoneを音と光で探すことができます。

iPhoneをなくすことはありますが、手首につけているApple Watch(アップルウォッチ)がなくなることはありません。

探すアプリを使えば、Apple Watch(アップルウォッチ)をなくしたとしてもiPhoneから探すこともできます。

懐中電灯のかわりになる

Apple Watch(アップルウォッチ)はディスプレイを光らせることで、懐中電灯になります。

手首につけているApple Watch(アップルウォッチ)なら暗闇でもすぐに使うことができます。

災害に備えて、常に身につけておける安心感があります。

電卓を使って計算できる

Apple Watch(アップルウォッチ)は電卓アプリがあるので、簡単な計算がすぐにできます。

Apple Watch(アップルウォッチ)に向かって数字を言うだけで、Siriが計算してくれるので、複雑な計算も可能です。

さらに、チップの計算もあるので海外によく行く方はApple Watch(アップルウォッチ)があると心強いです。

上級編】アップルマニア向け!Apple Watchの使い方

ここからはアップルマニア向け、Apple Watch(アップルウォッチ)の使い方になります。

Apple Watch(アップルウォッチ)はできることが多く、使いこなせばApple Watch(アップルウォッチ)だけで生活できます。

音楽や動画のコントロール

Apple Watch(アップルウォッチ)は音量調整や曲のスキップをコントロールが可能です。

また、AirPods Proのモード切り替えもApple Watch(アップルウォッチ)からできます。

手首に付けているApple Watch(アップルウォッチ)ならどんな状況でも操作できる強みがあります。

siriを使える

Apple Watch(アップルウォッチ)があれば、手首を口元に近づけてSiriを呼び出せます。

Apple Watch(アップルウォッチ)なら「Hey,Siri」なしでも手首を上げて、用件をいえばSiriが反応してくれます。

https://narunblog.org/wp-content/uploads/2019/11/IMG_2166.png
ナルン

まるで自分専用の秘書がいるような使いやすさがあります!

Macのロック解除

Apple Watch(アップルウォッチ)を付けた状態でMacBookを開くとロックを解除することができます。

ロックを解除するとApple Watch(アップルウォッチ)に通知が行くので、勝手に使われることはありません。

MacBookとの連携の良さはApple Watch(アップルウォッチ)ならではです!

トランシーバーとして使う

Apple Watch(アップルウォッチ)はトランシーバーアプリを使って、雑踏の中から人を探すことができます。

通話を始めるときもトランシーバーアプリから追加して、友達が参加するのを待つだけです。

https://narunblog.org/wp-content/uploads/2019/11/IMG_2166.png
ナルン

スキー場でApple Watchを使えば、落とさずに連絡を取り合えます!

周囲の音を計測する

Apple Watch(アップルウォッチ)は周囲の音を計測することで、耳の健康状態が分かります。

ノイズが通常なら緑、危険なら黄色、問題なら赤の3段階で知らせてくれます。

簡単なネットサーフィンをする

Apple Watch(アップルウォッチ)は完全防水なので、いつでもネットサーフィンができます。

お風呂に入っているときに、気になることや運動中に疑問に思ったことをすぐに調べられます。

後で調べようとして忘れることがある筆者には、すぐに検索できるApple Watch(アップルウォッチ)が合っています。

自宅の鍵を開閉できる

Apple Watch(アップルウォッチ)とスマートロックを連携させることで、自宅の鍵を自動で開閉錠できます。

両手が塞がっていても、鍵を取り出さず開けることができる優れものです。

さらに、Apple Watch(アップルウォッチ)さえあれば鍵を持たず外出できるので、ミニマルスタイルも可能です。

筆者が使っている「Qrio Lock」ならオートロック付きなので安心です。

飛行機に乗ることができる

Apple Watch(アップルウォッチ)なら飛行機チケットのQRコードをディスプレイに表示させることができます。

iPhoneを取り出さなくていいので、スムーズにゲートを通過できます。

何よりApple Watch(アップルウォッチ)でQRコードの読み取りをするのってかっこいいですよね。

ボイスレコーダーとして使う

Apple Watch(アップルウォッチ)なら気になる会話をすぐに録音できます。

録音したデータはiPhoneやiPadなどのApple製品で共有することができ、データ移行の手間はありません。

Apple Watch(アップルウォッチ)で録音していても、腕時計を眺めてるだけに思われるので、疑われる心配はありません。

注意
Apple Watch(アップルウォッチ)を決して悪用しないでください。

転倒時の緊急連絡

Apple Watch(アップルウォッチ)は転倒を検出して、家族や病院に位置情報を送ることができます。

不測の事故に巻き込まれてもApple Watch(アップルウォッチ)なら助かる可能性がグッと上がります。

Apple Watch(アップルウォッチ)が緊急連絡をしたことで助かった事例が数多く報告されています。

Apple Watchの使えないところ

これまでApple Watch(アップルウォッチ)を1年ほど使ってきて、不便だと感じたところをご紹介します。

Apple Watch(アップルウォッチ)の今後に期待する点でもあります!

バッテリー持ちが悪い

Apple Watch(アップルウォッチ)はバッテリーが1日ほどしか持ちません。

Apple Watch(アップルウォッチ)はこまめな充電が必要なので、慣れるまで大変です。

さらに、Apple Watch(アップルウォッチ)は専用の充電ケーブルを必要とするため、外出時は荷物が多くなります。

Youtubeが見れない

Apple Watch(アップルウォッチ)にはYoutubeアプリがないので、使うことができません。

Apple Watch(アップルウォッチ)なら今後、動画を見れるようになると思いますが、現状はApple Watch(アップルウォッチ)で動画は見れません。

公式睡眠トラッカーアプリがない

Apple Watch(アップルウォッチ)は手首から睡眠情報を読み取ることができます。

ただし、睡眠トラッカーアプリを出しているのはサードパーティだけで、Apple公式からの発表はありません。

https://narunblog.org/wp-content/uploads/2019/11/IMG_2166.png
ナルン

Apple Watchのセンサー次第ではiPhoneと連携したアプリが出る可能性があります!

心電図を見れない

Apple Watch(アップルウォッチ)は心電図を読み取れますが、日本では機能を使えません。

日本で発売したApple Watch(アップルウォッチ)では無理ですが、海外で購入したApple Watch(アップルウォッチ)なら使えます。

ただ、Apple Watch(アップルウォッチ)で心電図が見れるようになるのは、時間の問題だと思われます。

iPadと連携できない

Apple Watch(アップルウォッチ)ではiPadのロックを解除するなど連携ができません。

とはいえiPadOSが発表されてからすぐなので、今後Apple Watch(アップルウォッチ)とiPadの連携が始まるかもしれません。

【まとめ】Apple Watch できることは更に増える!

Apple Watch(アップルウォッチ)でできることを紹介してきましたが、まとめると下記のとおりです。

まとめ!

Apple Watchでできること
  • Apple Watch(アップルウォッチ)は腕時計より機能が優秀
  • 音楽やSuicaを使えるので、生活に便利
  • デザイン性がありファッションアイテムになる
  • アップル製品とデータの共有ができ、使いやすい
  • 健康面のサポートをしてくれる
できないことも・・・

・バッテリーが弱い

・Youtubeなど動画再生は不可

Apple Watch(アップルウォッチ)はスマートウォッチの中でも多機能です。

またアップル製品と組み合わせることで、さらに生活を便利にしてくれます。

Apple Watch(アップルウォッチ)は改善点もありますが、それを補って余りある使いやすさです。

https://narunblog.org/wp-content/uploads/2019/11/IMG_2166.png
ナルン

全てが手首の腕で完結する楽しさはApple Watchにしかありません!

Apple Watch Series3なら価格は安いのに、機能は最新モデルとほぼ変わらないのでお買い得です。

以上。「【2020年】Apple Watchと腕時計の違いは? できることまとめ!」になります。

関連記事はこちら

【失敗しない!】Apple Watch(アップルウォッチ)の選び方

【2020年最新】Apple Watchのおすすめは?後悔しない選び方とシリーズの違いを比較

Apple Watch(アップルウォッチ)セルラーモデルとGPSモデルの違い

Apple WatchはセルラーモデルとGPSモデルのどちらを買うべき?

【全31種】Apple Watch(アップルウォッチ)の文字盤コンプリート

【WatchOS 6対応】Apple Watch 文字盤 おすすめ

Apple Watch(アップルウォッチ)でLINEを使う方法

【AppleWatch】LINEから返信する方法を解説する

Apple Watch(アップルウォッチ)でTwitterを使う方法

【AppleWatch】いつでもTwitterが使える【Chirp】

Apple Watch(アップルウォッチ)なら左右どちらでも付けられる

右利きでも左利きでもApple Watchは右腕に付けるのが正しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です