あなただけのiPadが見つかる

【比較】MacBookPro13インチは2019と2018どちらが買い?

MacBookPro 2018が7月12日に発売し、大幅なアップデートが行われました。

そこから約1年が経ち、5月21日に待望のMacBookPro 2019が発売となります。

今回は完全なマイナーチェンジとなっており、性能にそれほど違いはありません。

本記事ではMacBookPro2018とMacBookPro2019を徹底的に比較しつつ、どちらを購入したらいいか結論を出したいと思います。

それでは本編をご覧ください。

本記事の内容

・MacBookのラインナップ
・MacBookPro 2018→2019の変更点
・MacBookPro2019に買い替える必要はあるのか?

MacBookのラインナップ

今回のMacBook Pro13インチ2019モデル発売でApple公式サイトのラインナップが変更になりました。

変わったのはMacBook Pro2018→2019になったことで、新しいモデルに入れ替えが行われただけです。

MacBookのラインナップ
  1. MacBook Air
  2. MacBook Pro
  3. MacBook

MacBookのラインナップはこれまでと変更ありません。

MacBookPro2018→2019の変更点

気になるMacBook Pro2019モデルのスペックですが、マイナーチェンジのため2018モデルと大きな違いはありません。

2018→2019の変更点が分かりやすいように表にまとめました。

スペック早見表

機種名 MacBook Pro 13インチ
モデル 2019年 2018年
CPU 第8世代 2.4GHzクアッドコアIntel Core i5
(オプション:第8世代2.8GHzクアッドコアIntel Core i7)
第8世代 2.3GHzクアッドコアIntel Core i5
(オプション:第8世代2.7GHzクアッドコアIntel Core i7)
グラフィック Intel Iris Plus Graphics 655
メモリ 8 GB 2133 MHz LPDDR3 (オプション:16GB)
ストレージ 256GB (オプション:512GB,1TB,2TB)
接続ポート Thunderbolt 3(USB-C)ポート x 4
3.5mmステレオミニプラグ
Touch Bar 搭載
キーボード 第3世代バタフライキーボード改良版 第3世代バタフライキーボード
バッテリー 最大10時間のインターネット
Wi-Fi 802.11ac
Bluetooth 5.0

上記の表のとおりスペックに大きな違いはありません。

MacBook Proの違いは2つだけ

MacBook Pro2018→2019で変わったのは下記の2点です。

・CPUのクロック周波数が微強化
・キーボードの耐久性が上がった

マイナーチェンジだけど以外と嬉しい変更点でした。1つずつ説明していきます。

CPUのクロック周波数が微強化

CPUのクロック周波数ですが、2.3GHz→2.4GHzと0.1GHzだけ性能がアップしています。

機種名 モデル マルチコア シングルコア CPU
MacBook Pro13インチ 2018 16637 4528 第8世代 2.3GHzクアッドコアIntel Core i5
MacBook Pro13インチ  2019 17530 4842 第8世代 2.4GHzクアッドコアIntel Core i5

上記の表ではマルチコア・シングルコア共に処理速度が上がっていますが、それほど差はありません。

キーボードの耐久性が上がった

バタフライキーボードはストロークが短くタイピングしやすい特徴がありながら、壊れやすさや強くタイミングした時の音の煩さが目立っていました。

そんなキーボードに改良が加えられ、使っている素材がシリコン→ナイロンポリマーに変わりました。

これによりタイピングが静かになり、壊れにくくなったと発表されていますが、キーボード修理プログラムには今回発売したMacBookPro13インチも追加されていることから2018モデル同様に壊れる可能性があることに変わりはありません。

MacBook Pro2019に買い替える必要は?

気になるのは買い替えるかどうかですが、基本的には買い換えの必要はないと断言します。

ただし、これはMacBook Pro13インチ2018モデルを持っている方でそれ以外のモデルを持っている方は買い換えも必要だと言えます。

MacBook Pro2018→2019の変更点をおさらいしておくと下記の2点です。

・CPUのクロック周波数が微強化
・キーボードの耐久性が上がった

MacBook Pro2019が出たことにより2018モデルは3万円ほど安く購入することができるので、狙い目は2018モデルではないでしょうか。

買い換えの基準をシチュエーション別に表にまとめました。

状況によっては買い替える必要がある

2016モデル以前を持っている
2017モデルを持っている
2018モデルを持っている ×

◯…買い換えをおすすめします
△…買い換えた方がいいかも
×…買い換えなくていい

※MacBook Pro13インチを持っていない方は悩まずとも間違いなく買いの製品なのでオススメです。

筆者が購入したMacBook Pro13インチ2018モデル

とはいえ、スペックがそれほど変わらない2018モデルは型落ちのため3万円ほど安く購入することができます。

MacBook Pro13インチ2018モデルでもいいという方に、筆者のカスタマイズを紹介します。

機種名 MacBook Pro 13インチ
モデル 2018年
CPU 第8世代 2.3GHzクアッドコアIntel Core i5
グラフィック Intel Iris Plus Graphics 655
メモリ 8 GB 2133 MHz LPDDR3
ストレージ 256GB

オプションは一切していませんが、動画編集や書き出しもサクサクに動きます。

安くMacBook Pro13インチを購入したい方はスペックにさほど違いない2018モデルがいいと思います。

型落ち品はApple公式の認定整備済製品から確認することができます。

人気のモデルはすぐになくなるので気になった方はぜひ。

MacBookProは2018年モデルをおすすめしたい

今回MacBook Pro13インチ2018と2019モデルを比較したまとめは下記になります。

・CPUのクロック周波数が2.3GHz→2.4GHzになった
・キーボードが改良されたが、これまで同様壊れる可能性がある
・2018モデルが安くなったので購入にはおすすめ
・2018モデルは認定整備済製品から購入可能
・人気のモデルなので購入はお早めに

また次回の記事でお会いしましょう。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です